<em id="ap3n1"><span id="ap3n1"><object id="ap3n1"></object></span></em><dl id="ap3n1"><menu id="ap3n1"><small id="ap3n1"></small></menu></dl>

        <em id="ap3n1"><ins id="ap3n1"></ins></em>
          <sup id="ap3n1"></sup>
          <delect id="ap3n1"><meter id="ap3n1"></meter></delect>

            <dl id="ap3n1"></dl>

              當社の歴史と沿革  

              ホーム > 當社の歴史と沿革

              當社の歴史と沿革

              1980年 7月: 會社を創立,自動化機具の設計と製造,精密機械パーツの加工。

              1992年 5月: CNC工具機主軸の鬆夾刀缸の開発、米、臺灣、中國の特許を取得した。

              1996年 3月: 気圧式工具交換機械構成とCNC工具マガジン?シリーズの開発、米、日本、臺灣、中國の特許を取得した。

              1998年 6月: チェーン式、笠式、龍門型工具マガジンを開発した。

              2000年 3月: 肘揺ぎの笠式、サーボ傘型工具マガジン、橫式油圧工具交換機械構成及びISO 9002品質認證(BVQI)に合格した。

              2002年 7月: 橫式工具マガジンを開発した。

              2002年10月: 気圧工具交換機械構成は6年內に4500臺を生產し、現在第二代(運転稼動時間は、2.3秒から1.8秒及1.5秒に短縮する)特許が申請中。

              2002年12月: 移動時間が早く、安定の新型笠式工具マガジンを開発し、時間0.8秒(片道)特許申請中。

              2003年 1月: G6000倍力式主軸鬆夾刀第二代の設計完成、打刀時間が0.3秒內、特許申請中。

              2003年 1月:ISO 9001品質認證(BVQ1)に合格、主軸拉刀倍力機械構成が開発中。

              2005年: 多刀倉臥式工具マガジンを開発した。

              2006年: 移動式ツールカバーを開発した (チェーン式)。

              2007年: ドリル中心機を開発した。

              2008年: G5000 打刀缸、橫式工具マガジンを開発した。

              2009年: 2009年TIMTOS臺北展示會を參加し、新型橫式工具マガジンを発表した。

              亚洲在线视频自拍精品